女子就活生よ、福利厚生で判断するな!働きやすい職場は自分でつくれ

著者:なっちゃん
某有名私立高 ⇒ 東京大学 ⇒ 外資系企業へと進もうとしている。女性の優遇を打ち出す企業の風潮に疑問を持つ開拓系女子

最近の就活を見ていると、しきりに育休産休や労働時間ばかりを気にしている女性を多く見かけます。

同時に、「女性に優しい会社」「女性の働きやすい会社」などといった文句で自社を売り込もうとしている企業も多く見かけます。

つまり、女性の働きやすい職場が礼賛されているわけです。でもこれって、本当に良い傾向なのでしょうか。

確かにワークライフバランスは大切だけど…

いわゆるワークライフバランスは大切だと思います。

女性は結婚、出産に関して男性に比べてタイムリミットがあるのは事実です。それでも仕事には打ち込みたいし、とは言えプライベートもしっかり充実させたい。

そう思うのはとても自然なことですし、同じ女性として、私自身もそれに対して異議は全くありません。

特に、高学歴でハイキャリアを目指す向上心の強い女性は、先のことまで見渡して考えるわけで、実はこの「ワークライフバランス」を結構気にしているわけです。

実際、私もそうした女子就活生の一人でした。

女性就活者の弱みを突くような会社説明会

就活を始めて間もないころ、「女性のキャリアについて考える」「仕事と家庭の両立」などといった文句に乗せられるがまま、某有名企業の「女子限定会社説明会」に行ったことがありました。

ターゲットを女性に絞っているだけあって、その説明会の完成度の高さは本当に圧巻。

女性向けの説明会はたいていこんな2部構成です。

1.女性が男性と肩を並べてキャリアを歩む際に必ず出てくる困難

「家庭との両立の難しさ」「妊娠・出産のブランク」について危機感を煽られる

2.わが社でならそうした困難を乗り越えられる
  • 男女差別のない仕事とキャリア
  • 自己成長への手厚い助成
    (大学院への留学支援制度、本人希望によるトランスファー制度)
  • 仕事とプライベートの両立がしやすい環境
    (産休育休制度の充実、実際に妊娠・出産:子育てなどによるブランクを経て復帰した人の話)
    …etc

まさに痛いところをすべてカバーするような説明会で、その企業に入りたい!と思わずにはいられなかったのを今でもよく覚えています。実際、その説明会に行った女子のほとんどが、私と同じような感想を抱いていたようで、みんな目を輝かせて聞いていました。

しかし、私が言いたいのは、こうした女性を焦らせて自社への志望度を高めようとする企業の戦略に乗せられるな、ということです。

なぜなら、「両立」は会社の制度によって実現するものではなく、自分が創り出す付加価値によって実現すべきものだからです。

仕事と家庭の両立は自ら勝ち取るもの

仕事と家庭、プライベートの両立をサポートする制度の多くは、私たちの大先輩の女性社員が、その必要性から自ら勝ちとってきたものがほとんどです。

例えば、某コンサルティングファームでは、幼い子供の送り迎えをしたいがために女性社員自ら上司に相談し、打ち合わせ時間をすべて10時~16時に集中させるようにクライアント先にも協力を仰ぎ、打ち合わせの時間以外は在宅での勤務を実現したという話もあります。

また別の企業でも、夫の海外転勤に合わせて移住しつつも、海外から在宅で日本の仕事に従事し続け、数か月に一回出張で日本に戻ってくるような特殊な勤務形態を勝ち取った女性マネージャーがいます。

もちろん、会社がそこまでしても手放したくないほどの価値を生み出していたことは言うに及びません。しっかりと仕事で成果を出していれば、女性だろうが男性だろうが、企業としては万策尽くして働いてもらえる環境を作ってくれるものなのです。

新卒を採用してから育てたり、適性の分からない中途社員を採用したりするのに比べれば、現在進行形で仕事に従事し、高い価値を出している女性社員に融通をきかせる方が企業としてかかるコストが遥かに低いことは、少し頭を使って考えてみればわかることだと思います。

しかしながら、今の女子就活生の多くは、そうした「制度」がすでに整っている企業を「女性の働きやすい企業」として高く評価する傾向にあります。

これってなんだかおかしくありませんか?

本来、

「やりたい仕事も大事にしたい家庭もある」→「両立するために仕事環境を変えよう」

という考えのもとに制度が整備されたのに、

今では、

「家庭と両立できる仕事環境を選ぶ」→「それなりにやりたい仕事と家庭が両立できる」

という発想になってしまっているのです。

働きやすさという既存の仕事環境を重視するあまり、仕事内容の点で妥協するのが当然と思っている女子就活生が多いように思います。

仕事環境や社内制度は、そこで働く社員が作り上げるものであり、既成の制度が充実していて仕事環境が優れている企業を選ぶ必要はない。

あなた自身で自分のやりたい仕事のある企業を、そうした優良企業に変えていけばいい!

そんな発想も持ってみてはいかがでしょうか?

やりがいの持てない仕事に就いて頑張れるの?

私の周りにも、本当ならもっとその能力を生かせる職場があるのに、企業の宣伝文句や世の潮流に惑わされて、育休産休がしっかり整っていて、女性へのサポートの充実を評価されているような職場を選んだ友人は多くいます。

また一方で、ワークライフバランスは自分で作り出していこう、そう思ってとにかくやりたい仕事のできる職場を選んだ友人もいます。

そして研修などが始まってくるこの時期になって、前者からこんな声をよく聞きます。
「やっぱりなんか物足りないのよね…。でもいまさら受けなおせないしなぁ。」

そして、後者はこう言います。
「忙しい時は確かに忙しくて大変そうだけど、メリハリはつけられるし、育休産休なんて入社前には聞いてもいなかったけど、自分で交渉して休暇をもらってる先輩もいるし。結局両立できるかは自分次第だと思うのよね。」

就職活動において最も大切に考えるべきは、自分が本当にやりたい仕事が何か、という一点に尽きるはず。

その会社はあなたの輝ける20代のうちの7割以上をを過ごす場になるかもしれないのですから。

今の売り手市場で人材を集めたいが故に、先の見えない不安を抱える女子就活生をターゲットにあの手この手で言い寄ってくる企業の戦略に乗せられることなく、自分らしい企業選びをしてほしい、そう切に思っています。

アウトエリート編集部

アウトエリート編集部

若き異端児達の“自”論展開メディア「アウトエリート」編集部。ちょっとした瞬間や毎日の生活の中で役に立つ…かもしれない知的な情報を上手いこと編集して流していきます。

You may also like...