就活ナビサイトに登録しないと就職できないと思っている君たちへ

recuruitnavisite

著者:ガク
東京大学大学院在籍、外資系企業入社予定のアウトエリート。就職活動時は非正規ルートを活用することで、難関企業よりオファーを獲得した。

大手就活ナビサイトの基本ターゲットと それを無価値と感じる層

就職活動の時期が近づくにつれて、不自然な黒染めを施した頭髪にお揃いのリクルートスーツを着て闊歩する学生が散見される。

そんな周囲に流され易い学生が、サイトオープン時に我先にと挙って登録するサイトこそが大手就活ナビサイトである。

大手就活ナビサイトとは、就職活動を能動的に行うことができない学生に対して、就職活動の雛形を押し付けてエントリーを煽ることで、学生たちの焦燥を掻き立て、多くの企業へとエントリーをさせる。

そして、そんな学生で溢れるサイトに求人広告を出稿しませんか?と企業に持ちかけ、広告媒体でお金を儲けるという仕組みから成り立っているサイトこそが大手就活ナビサイトなのだ。

したがって、そもそも就職活動を能動的に行えない学生向けの設計にならざるを得ず、能動的に行うであろう優秀な学生層にとっては、価値がほとんど無いものになってしまう。

サービスの構造を理解した上でのサービス選択の重要性

さて、ではあなたは就職活動をどのように行うだろう?上記を読んだ上でもう一度熟考して欲しい。

大手就活ナビサイトのメインターゲットのターゲットとする層には、あなた自身が含まれているだろうか?

以下では、そこに含まれない優秀な層がいったい何を使っているのか?について触れていこう。

特化型就活ナビサイトの勃興とリスク

大手就活ナビサイト以外のルートとしてまず真っ先に挙がるのは、近年攻勢をかけつつある新興の特化型就活ナビサイトだろう。

これらの特化型就活ナビサイトは外資系企業特化、ベンチャー企業特化、理系特化など、ある特定の軸に沿った情報を取り扱っているため、情報へのリーチコストが安価であることが特徴である。

したがって、大手就活ナビサイトとは異なり、自身の就職活動における軸が定まっている人にとっては、特化型就活ナビサイトは役に立つと感じられるはずだ。

しかし、所詮は就職活動学生にどうしたらエントリーしてもらえるかを第一に考えて作られた二次情報の就活ナビサイトでしかないのである。

これらの情報はあくまで恣意性を多分に含んだ二次情報でしかないことを忘れないでほしい。そして、もしもあなたが特化型就活ナビサイトを使うのなら、自身の軸をしっかりと意思決定した上で使うことをオススメしたい。

就活サイトを使った「正規ルート」が孕む危険性

さて、ここまで大手 / 特化型問わず 就活ナビサイトの抱える問題点をいくつか挙げて来たわけだが、それでも実際の就職活動時には上記のような各ナビサイトを窓口として、企業へのエントリーを行うのが世間での「正規ルート」とされている現実がある。

だが、ここで一度あなたが憧れる人気企業の人事の立場になったと仮定して、考えてみてほしい。

ただでさえ多くのエントリーが集まる人気企業は、就活ナビサイトを利用することで、エントリー数がさらに増大し、さばききれなくなることは想像に難くないはずだ。

また、就活ナビサイトを用いて手軽にエントリーできるため、志望度の低い学生や採用ターゲット像から乖離した学生に応募されるなどのデメリットを孕んでしまう。

あなたが人事の立場なら、玉石混交の学生が溢れている正規ルートから、選別を行うことに手間を感じはしないだろうか。

近年、自社サイト経由の採用へと切り替えるなど、就活ナビサイトに依存しない採用手法にシフトしつつある企業が多く存在することからも、就活ナビサイトを経由したエントリーを回避すべきなのは自明である。

つまり就活ナビサイトは、企業側および学生側の双方にメリットがないのだ。

非正規ルートからの採用という「第3の道」

では、優秀でかつ能動的な学生は何を使って就職活動を行うべきなのだろう?

優秀なあなたにオススメしたい方法は、インターンシップ、アルバイト、紹介などの所謂非正規ルートだ。

なんだ。結局そこか。と呆れずに、どうか以下の非正規ルート例を見ていただきたい。いずれも自身と知人の経験に基づいた「実際に使えたルート」なのだ。

事例1:インターン・アルバイト

インターンシップやアルバイトとして企業に参加した後、オファーを獲得する。

一般的にこのルートからの採用においては、アウトプットでの評価獲得がメインとなるが、そのような出来て当たり前のことに必死になっているようでは、お話にならない。

ここでは、「人とのつながりを作る」ことをオススメしたい。
具体的には、アウトプットへコミットメントするだけではなく、権威ある人を見定めてアプローチをかけることである。

実際に、インターンの成果がゴミであっても、人事とのつながりを築き、後にオファーを獲得した学生も存在することから非常に有用な手段である。

事例2:人からの紹介

企業の人事目線から見て、優秀なコミュニティに早くから属しておくことには、大きなメリットがある。

優秀なコミュニティには、優秀な学生が集まる傾向が強いため、人事の立場からすると、喉から手が出るほどにリーチしたいコミュニティなのだ。

私も実際にコミュニティのつながりを通じて紹介を受け、オファーを獲得した経験がある。

考えてもみてほしい。誰とも知れないサービスの向こう側にいる人に自分の価値を訴求しようと一生懸命になるよりも、一度直接相対して話す方が良いのは当たり前ではないだろうか。

一度、自身の所属するコミュニティの質を鑑みてはいかがだろうか。

上述のような非正規ルートを経由すると、何よりも貴重な「時間」という対価を無駄に払わずに済む。

くだらない説明会も、読まれることの無いゴミのようなエントリーシートも、繰り返し呼び出される謎の面談もなく、効率良く就職活動を終えることができるのだ。

優秀なあなたなら、以上の内容は既知であったかもしれない。もしそうであったのなら、謹んでお詫び申し上げる。

偉そうではあるが、是非無駄の無い就職活動を行ってほしいのだ。

さいごに

本記事は就職活動を行う学生の上位1%くらいを対象としている。

つまり決して万人に対して薦められる就職活動方法ではないことをご留意願いたい。

なお、本記事の対象外かもしれないと思ったあなたはこちらを参考にしてほしい。

アウトエリート編集部

アウトエリート編集部

若き異端児達の“自”論展開メディア「アウトエリート」編集部。ちょっとした瞬間や毎日の生活の中で役に立つ…かもしれない知的な情報を上手いこと編集して流していきます。

You may also like...