Tagged: OB訪問

ideal_image

「求める人材像」という茶番 ~ 企業と学生が繰り広げる奇妙な就活劇

いいね

4月に入り、母校京大でもスーツに身を包んだ就活生を多く見るようになった。手帳を開き、スマホで何やら情報収集などをしている姿を見ると「自分もこうだったんだなぁ」と少々可笑しくなってくるが、先の見えない不安と戦いながら将来模索する彼らには(皮肉などではなく本気で)希望を持って進んで欲しいと思う。が、同時に昨今の企業と学生をめぐる就活の現状にはある種の違和感も覚えている。今回は、僕自身の経験も踏まえて、現状よりもう少しまともな就活のあり方について書いてみようと思う。

visit_the_graduate_eye

OB訪問を相談タイムだと思っている君たちへ、就活と美味しいご飯だと理解しろ

いいね

さて、就職活動を控える学生の皆様におかれましては、OB訪問の誘いがそろそろ増え始めている頃だろうか。まだOB訪問の誘いなんてない?それはとんだ失礼を。本記事ではOB訪問がいかにオイシイ機会であるかについて、私自身の経験をもとに独断と偏見で伝えたいと思う。